読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ランジェリー ライフ

ランジェリーデザイナーの生活

金沢で見つけたもの

 こんにちわ

ランジェリーデザイナーのセイナです。

 

私、趣味の一つが旅と食事です。

2ヶ月前にもなりますが、金沢に行ってまいりました!

まだ寒さの残る金沢、雪を期待したけれど、すっかり溶けて春の気配さえしたものです。 

 

主に建築を見て回ろうと決め探索に出ました。

壁の色遊びや素材の組み方、とても面白くて興奮の旅となりました。 

 

冷静と情熱のあいだを思い出した配色。

 

f:id:amourxoxo:20170314175023j:plain

f:id:amourxoxo:20170314175051j:plain

天井が薄い木を組み重ねていて、思わず真似したい!

 

f:id:amourxoxo:20170419114213j:plain

f:id:amourxoxo:20170419114245j:plain

ふらりと立ち寄ったカフェに素敵な一枚板のテーブルや、南蛮趣味の絨毯。

非常に金沢っぽい。

 

f:id:amourxoxo:20170419114317j:plain

ひがし茶屋街 懐華樓 ≪お茶屋を見学・説明≫

現存している歴史あるお茶屋さんの内部も見学できます。

 

 

f:id:amourxoxo:20170419114140j:plain

ここはお蕎麦やさん。

https://tabelog.com/ishikawa/A1701/A170101/17007788/

 

 

インスピレーションが溢れる、建築美とエッセンス。

金沢の見所はエリアがまとまっていることも見やすくてグッド。

 

金沢といえば明治から昭和にかけて活躍した

小説家 泉 鏡花の出身地。

彼の作品の耽美さと言葉選びが非常に心地よく、読み耽ていたものです。

個人的には「外科室」がオススメです。

「私はね、心に一つ秘密がある。麻酔剤は譫言(うわごと)を謂うと申すから、それがこわくってなりません。どうぞもう、眠らずにお療治ができないようなら、もうもう快(なお)らんでもいい、よしてください」

外科室で繰り広げられる奥様の切なる願いと覚悟。

耽美な世界観がお好きな方には是非!

そして1992年

吉永小百合さん主演、坂東玉三郎監督で映像化もされています。

 

 

f:id:amourxoxo:20170419114414j:plain

偶然見つけた神社。

白蛇さんにゆかりがあるそうで、

蛇が守り神と思っている私にとって、運命!と思ってお参りいたしました。

 

 

素敵な空間をありがとう!金沢!