読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ランジェリー ライフ

ランジェリーデザイナーの生活

「形あるものいつか壊れる」

日常 日本の感性

こんにちわ

ランジェリーデザイナーのせいなです。

 

本日は、プライベートなお話。

 

おととい、大好きな祖父が亡くなりました。

これから祖父の元へ行きます。

 

あまり大声では言えませんが、私は葬儀が好きです。

あまりに若い方や、事故などでは無念さが募りとてもそうは思えませんが

人生を全うした方の死に向き合うこと、立ち会わせていただけることが私はとても幸福に思えます。

とても美しい儀式、悲しいけれど、美しい。

故人を悼み、思い出話に花を咲かせ、弔う。

親族の涙と、笑い声がまるで鎮魂歌のようです。

式が終わる頃には、ホッとしている、それこそが葬儀の役目でしょう。

葬儀は故人の為ではありますが、私は残されたものの為にもあると考えています。

 

私の祖父は福島県いわき市で生まれ、死にました。

小さな釣り旅館を営んでいた2代目?で、漁に出て調理をし、提供していました。

漁師であり料理人だった祖父。私が生まれる頃には宿はたたんでいましたが

家の造りはまさに宿のそれ。明治初期に建てられた古い家でした。

そんな家が大好きでした。その家は11年の震災で影響を受けたので、潰してしまいました。

私が5歳くらいの頃にお皿を割ってしまった時に

「形あるものいつか壊れる」だから気にするほどのことじゃない。と祖父は言いました。

家が潰れた時も、同じ言葉を思い出してものです。

あまりこだわりがない祖父でした、いつも笑顔で、残った食べ物はすべて平らげる。

そんなおおらかな祖父が、大好きでした。

 

 

いわき市エリアには、じゃんがら念仏踊り、という古くから受け継がれてきた鎮魂の踊りがあります。

亡くなったお宅に出向き、演奏してくれます。

10代の頃に祖母が亡くなった時に初めて見て、その太鼓の迫力とシトシトと響く歌声おりんの響きに癒された記憶があります。

動画を見つけたのでシェア!

こちらの動画は新盆の様子だそうです。

蝉の声と念仏がなんと叙情的でしょう。

 

先祖の墓がある住職さんに、念仏踊りのことでも聞いて東京に帰ってこようと思います。

ちなみに「能」は生者と死者の関係性を扱った作品が多く、古の日本人が考えていた死生観を現代でも感じられるのではないでしょうか。

 

 

こんな私にとっての、鎮魂歌はこちら。

なんだかとっても聴きたくなるんです。

 

ちあきなおみ

 喝采


 

ビョーク

 i've seen it all

 

映画はこちら 

ラースフォントリアー

 dancer in the dark

http://amzn.asia/adw4Hwo

 

小津安二郎

秋日和

 http://amzn.asia/3WTKeqL

 

ほぼビョーク

ランジェリーのパターン

ランジェリーの作り方

こんにちわ、ランジェリーデザイナーのせいなです。

 

先日アップした、レッスンに関する記事。

 

ご連絡を下さった皆様ありがとうございます。

来週には詳細が公開できるかと思いますので

お楽しみに。

f:id:amourxoxo:20170216143002j:plain

サンプル↑

自分で思い描いたものを、自分で0から生み出せるのはとても幸せなことです。

趣味でやりたい方、

自分で小さくブランドやってみたい方、

お力になれるよう精一杯御手伝いせていただきます。

 

特に自分で0から作り出したい、という方に向けてのコースは

日本的なブラショーツではなく、デザインで遊びたい、パッドのないタイプのブラ、デザインが凝ったショーツ、などを目指している方に相性がいいかと思います。(私がそういうのが得意だから)

縫い方だけでなくパターンも指導できるように検討しております。お楽しみに!

 

 

趣味でやってみたい、という方は一緒に生地を触ってボディに当てて、自分に似合う色はどんなものか、考え、楽しみながらやりましょう。

縫うだけなら、結構簡単なんですよ(デザインと素材によりますが、ここはお伝えしながら進めますので洋裁自体初めて!という方でもご安心ください!)

 

それでは

少しでも、ランジェリーを愛し作りだせる人が増えますように。

 

 

せいな

 

トリミングブラ驚異のカバー範囲

アルバージェ

こんにちわ!ランジェリーデザイナーのせいなです。

 

本日はアルバージェのサイズについてです。

albageは伸縮性の高い素材を主に使用しておりますので

カバー範囲がとても広くなっております。

 

その事例をちょっとご紹介。

 

アンダーサイズ65cm/トップ73センチ/着用ブラB65

 

トリミングブラが最もカバー範囲の広いブラです。

B70サイズのブラは

通常の日本サイズでB70、C70、D70の方が対応できました。

Dカップの方でもアンダーが70位のには入っておりました(自分でパターン作っておいて驚き)

 

f:id:amourxoxo:20170213175411p:plain
↑通販サイトのモデルさんバストサイズ85センチ、着用は🅱70です。




その秘密はストレッチの高い伸縮性と、ワイヤーが浅く入っていること。

実際のワイヤーループ(ワイヤーが入っている管のようなもの)よりも短いので

胸と胸の間で当たらないため、バストの下のみ支えてあとはストレッチ生地が

カバーしてくれています。

ゴムも柔らかいのでよく伸びます。

 

そのため、きつめがお好きの方にはサイドのサイズ修正も行っております。

無料ですのでお気軽にご連絡くださいね!

サイズ感に不安のある方は是非メールでご相談ください。いつも使っているサイズなど教えていただければアドバイスさせていただきます。

 

カップが入っていないことと、高い伸縮性の生地のおかげで実現したカバー範囲。

軽くてつけ忘れてるみたい!とまで言っていただけて本当に嬉しく思っています。

 

ストレッチ素材が贅沢に使われたブラってあまり多くありません、

シアー感がとってもかっこよくセクシーなので

自慢のブラと素材です。

 

 

是非お試しアレ😊

B65在庫少、B70在庫あり、C70在庫なし、D70在庫なし、D75在庫なし

 

アンダーバーのディティール「結わく、解く」

アルバージェ 日本の感性 ランジェリー デザインについて

こんにちわ

ランジェリーデザイナーのせいなです。

 

真っ白なレースとストレッチが大胆です。さし色の朱色が映えるでしょう?

 

東京は今週二回雪が降りました。

私は秋が一番好きで、次に冬が好きです。

特に、パリの冬は一番美しいと思っています。

東京も冬の方が綺麗だな。

 

そこから冷え込む感覚、暖かい飲み物が喉を通る感覚。

研ぎ澄まされていく感覚。

温まったカップを手にした時、指先からじんわり熱が巡る感覚。

 

あなたの好きな感覚はありますか?

 

アンダーバーブラシリーズには、そんな感覚を呼び起こす仕掛けがあります。

 

 


アンダーバーのリボンTバックは、リボンがほどけます。

解く、という動作には色っぽさと好奇心を含みます。

アンダーバーに使用した紐はとても細いもので、あまりインナーには見かけないかもしれません。

「紐」らしくしたかったので起用しました。

 

紐の語源はヒキムスブ(引き結ぶ)から来ているという説があるようで、

古代では緒とも呼ばれていたそうです。

へその緒、とか、へそを繋ぐ紐、命を繋ぐ紐、ですね。

このように、紐には

人と人のつながり、命のつながり、願い、を込められて使われてきた歴史があります。

 

最近では大ヒットした「君の名は」でも紐は象徴的に使われていますが、あの世とこの世をつなぐもの、として神社では使われているそうです。

(ちなみに、下紐を解く、とは男女の性交を示す言葉だそうですよ!繋がる、トイう直接的な単語ではない隠喩的表現が最高ですね。)

 

結ぶ、解くという動作には、どこか神秘的なパワーが宿るのかも。

アンダーバーを紐だけ朱色にしたのも、そんな神秘性をもたらしたかったから、です。

 

する,,,と解ける感覚 (からだのなかから何かが抜けていくような感覚)

きゅ、と結ぶ感覚(身が締まるような、感覚)

できれば、誰かと楽しんでみてください。

 

 

余談ですが、子供が初めて正式な帯を締める儀式のことを「帯解き」というそうですよ。

子供用の紐から、大人と同じ帯に変わること、

結び、じゃないんだなーと思ったけれど。

 

他にもいろんな言葉、儀式がありそうなので、もっと勉強いたします。

 

それでは!

風邪はひかないようにお気をつけて😊

 

せいな

 

 

 

ランジェリーの作りかた、ブランドの創り方

ランジェリー ランジェリーの作り方

こんにちわ、ランジェリーデザイナーのせいなです。

 

 

f:id:amourxoxo:20170207135732j:plain

時々こんな声を聞きます。

「ランジェリーを縫ってみたいけどやり方がわからない」

「下着ってどうやって作るの?」

「下着は学校があるの?学べるの?」

「縫える人を探しているけど、いない」

ですよね!と大きく頷いてしまいます。

 

私も高校生の頃に、ランジェリーを専門で勉強できるか探し回った経験がありますので、今でも現状は変わっていなんだなと思います。

なかったからこそ、パリに行くしかない!と決めて一大決心ができたので結果的には良かったのですが

現実問題としてそう簡単に留学ができるわけでもない学生さんが多いのは事実。

そして、趣味の延長で縫ってみたくても資料がなさすぎるのも事実。

生地屋さんにもインナー用素材はまずありませんね。(新宿オカダヤさんに少しだけあったけれど)

 

そんなことも影響して?

日本にはランジェリーの独立系ブランドが少ないのだろうな、と思っています。

いざ、下着業界を目指しても、行くアテがない現実にぶつかります。

 

というわけで、時々ブログでもランジェリーの裏側を紹介していこうと思います。

裏側を見せるということは技を露出することになるのですが、ランジェリーを少しでも知りたい!という人のために微力ながら出来ることはないかと考えた結果です。

ランジェリーの縫い方、ランジェリーの作り方、ショーツの縫い方、簡単なデザインおブラの縫い方、ちょっとずつ載せていきます。

そして、顔を合わせて、お伝えする機会も設けます。

 

趣味としてやってみたい!習ってみたい!

業界そのものに興味がある!

そんな方は⇩へ

 

▽ここから手芸や洋裁を趣味にしたい、趣味の方むけ

 

自分のパンツを縫ってみたい、子供のパンツを縫ってみたい、三角ブラを作ってみたい。そんな声が聞かれますので

難しいことは抜きにした簡単なレクチャーの時間を設ける予定です。

趣味の一つとして、やってみたい方に、ランジェリーをより深く知ってもらいたい。

そんな思いで始めます。

 

情報公開をお楽しみに!

 

▽ここからランジェリーの世界を目指したい方向け

 

私はパリに行き、デザインだけではなくパターンと縫製を学んだおかげで、少しはチャンスが多かったように思います。(パターン/衣類の設計図のこと)

f:id:amourxoxo:20170207135753j:plain

パリに行く前に2年間、日本で服のデザインとパターン、縫製を学びました。

この基礎を学び、パリにあるランジェリー専門学科へ編入しました。

おかげでデザインから、設計、完成まで一通り自分でできます(工場さんの方がミシンの性能がいい、とかそう言った面はありますが)

撮影に使うサンプルであったり、工場さんとやり取りするためのサンプルなどは自分で作っています。

日本のメーカーさんに勤めた経験はありませんが、工場の方に助けもあってなんとか作れています。それは作りたいものを形にできるからです。

 

ブランドをやりたい人は、まずイメージを形にする段階でたくさん乗り越えないといけないことが出てきてしまう。

自分でできるといくらかは楽です(それでもその他の問題はたくさん出てくるけど!)

実際は絵にかけたり、機能を想像できれば丸投げできる会社さんもありますが、最初から大きく費用がかかってしまいますので、やっぱり自分でできた方が楽です。

 

好きなことなのに前に進む術がないのはとても辛いです。

少しでも力になりたい。

そう考え

ランジェリー縫ってみたい、自分の想像しているものを作ってみたい、そんな方と一緒に形にする時間を設けたいと思っています。

そして現場のお話、などもお話させていただきたい。

ぜひ、ランジェリーを作ってみたい!そんなあなたのお手伝いを、させてください。

 

 

ちょっと前置きが長くなりましたが、

近日情報を公開いたします。

目標は3月スタート!全数回に分けた教室になると想定しています。

一度にレクチャーできる人数は多くありませんので、ご興味のある方は、是非ご連絡ください。

 情報解禁前にご連絡頂いても問題ありません。是非声をおきかせください。

インスタグラムのDM、サイトのお問い合わせからどうぞ😃

せいな

撮影の裏話から見えてきた幸せ

アルバージェ 日常 ランジェリー

こんにちわ

ランジェリーデザイナーのせいなです。

 

最近の東京はあったかい日中とさむーい夜とで、身体は強い私ですがついにやられてしまいました。

皆様も体調管理は十分にお気をつけてください!

 

アルバージェのInstagram をいつもご覧いただいている皆様、ありがとうございます!

最近はインスタ掲載写真を撮影できていなかったので、先日撮っておりました。

インスタの写真は大部分が私の身体で、

セルフポートレートまたは主人にお願いしています。

 

主人にお願いする場合は頭の中にある構図を伝えて、この位置でお願い!と指示をして撮ってもらいます。

嫁の半裸を撮ってくれる理解ある主人で本当にありがたいです。

きちんと角度まで伝えないと、イメージ通りの収まりにならないので、絵に描いて伝えます。こことっても大切。

 

 

勿論この写真も撮影は夫

 「いつも嫁の半裸を撮ってくれてありがとう。理解があって助かります」

「そやろ。でもヌードはNG」

毎回この会話で撮影は終了します。

 

 

⇩ここからはちょっとプライベートなお話。

 

アルバージェをお買い上げ頂いた女性と、悩み相談的な事をしたことがあります。

私が話を聞いてもいいものだろうか、と思いましたが、聞かせてくれた女性の気持ちが嬉しくて、感謝しました。


アルバージェをお買い上げいただくお客様は、働く女性がとっても多いようです。

学生さんは専門的な業界を目指している方だったり。

お話をさせていただける機会に色んなことを聞いてみると、自分の人生を豊かにしようと、対話をしている女性が多い。

自分の好きなことはなんだろう、楽しいと思えることをして生きていたい。そんな熱意のある女性たち。

ランジェリーはきっと、身に付ける女性が、その人らしく生きる事を肯定してくれる、そんなアイテムなのかもしれない。と思いました。

 

 

仕事をしていると、とっても追い詰められたり、自分が自分ではなくなってしまうような時があります。

かくいう私も同じことが起きると、ついつい内にこもって、元気のない表情になります。

そんな時はいつだって大好きなランジェリーや、映画、本、場所が心に潤いを与えてくれました。

そうだ、こんな大人になろう!そうだ、このランジェリーが似合う女になろう!そう思って突っ走ってきた20代前半の私の相棒は、ランジェリーと映画でした。

パリの街角で一人で歩いていた22歳の私は、カフェでショコラを飲む、それだけで本当に幸せでした。でも満足はしていなかった。

どうして満足できないのか、当時の私にはわかりませんでした。

 

 27歳の今を過ごしていて、

心がくすんだ時、潤いと勇気を与えてくれる存在は主人と仲間です。

 

  夫婦の趣味は美味しいご飯を食べることと旅

 

 

主人からなんでもない日に贈り物

自分の目標、自分らしさを見失いそうな時に叱咤激励してくれる主人。

デザインと、経営の顔で混乱した時に、ありのままのセイナさんでいてほしいと尊重し仕事を始めた情熱を思い出させてくれる仲間。

本当に救われます。

 

自分の幸せに突き進んで生きてきた27年。

今は、関わってくれる周りの人も幸せにしたい。

それこそが私の生きる意味。

そんな想いを抱いています。

 

『為せば成る為さねば成らぬ何事も成らぬは人の為さぬなりけり』 (上杉鷹山)

江戸時代の大名上杉鷹山の言葉です。最近上杉氏の本を幾つか読んでおります。

利己ではなく利他の心で生きた人。

 

簡単に言うと

やればできる。できないのは、やっていないから。

人は心の持ちようでなんでも出来ます。

 

でも、どうしてもくよくよしてしまう日もある。

そんな時は、

「このランジェリー素敵!」とときめいてくれた素朴な貴方自身に還れる、そんなランジェリーを作りたい。

 

人生はあなたのもの。

アルバージェアルジェッソを好きでいてくれる、たった一人の貴方には、いつも笑顔でいてほしい。

自分のためにひとりしきり生きたら、余った幸福は、隣にいる人に使ってあげてほしい。

 そんな風に思います。

 

それではお風邪などは引かないように。お気をつけて!

 

せいな

💌

 

 

 

 

 

もうすぐバレンタインデー

アルジェッソ

こんにちわ。

ランジェリーデザイナーのせいなです。

 

すっかり投稿に日があいてしまいました><

 

明日から2月、あっという間にバレンタインがやってきますね!

欧州では男性が恋人に赤いランジェリーを贈ります。

留学していた頃、この時期のランジェリーショップは男性が結構来店していて、恋人に素敵なランジェリーを選んでいる姿を目にしました。懐かしい!

赤いランジェリー、恋人や自分へいかがですか?

素敵に赤いランジェリーを着こなしてくださってありがとうございます❤️

 

 

チョコレートを贈ることに飽きちゃったそこのレディ。

今年はボクサーパンツはいかがでしょうか?


www.maison-xy.com

ボクサーのペアルックも素敵ですよね!


www.maison-xy.com

algesso underwearではssサイズよりご用意がありますので

女性はssかsサイズで着用可能です。

アルジェッソショーツがsの方はボクサーもs、ショーツがmの方はボクサーもMがちょうどいいと思います。

 

ギフトボックスの単品販売も行っておりますので

是非お試しください!

お礼にショーツをお願いしても、いいかも❤️

 

 

それでは!

 

せいな