読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ランジェリー ライフ

ランジェリーデザイナーの生活

アンダーバーのディティール「結わく、解く」

アルバージェ 日本の感性 ランジェリー デザインについて

こんにちわ

ランジェリーデザイナーのせいなです。

 

真っ白なレースとストレッチが大胆です。さし色の朱色が映えるでしょう?

 

東京は今週二回雪が降りました。

私は秋が一番好きで、次に冬が好きです。

特に、パリの冬は一番美しいと思っています。

東京も冬の方が綺麗だな。

 

そこから冷え込む感覚、暖かい飲み物が喉を通る感覚。

研ぎ澄まされていく感覚。

温まったカップを手にした時、指先からじんわり熱が巡る感覚。

 

あなたの好きな感覚はありますか?

 

アンダーバーブラシリーズには、そんな感覚を呼び起こす仕掛けがあります。

 

 


アンダーバーのリボンTバックは、リボンがほどけます。

解く、という動作には色っぽさと好奇心を含みます。

アンダーバーに使用した紐はとても細いもので、あまりインナーには見かけないかもしれません。

「紐」らしくしたかったので起用しました。

 

紐の語源はヒキムスブ(引き結ぶ)から来ているという説があるようで、

古代では緒とも呼ばれていたそうです。

へその緒、とか、へそを繋ぐ紐、命を繋ぐ紐、ですね。

このように、紐には

人と人のつながり、命のつながり、願い、を込められて使われてきた歴史があります。

 

最近では大ヒットした「君の名は」でも紐は象徴的に使われていますが、あの世とこの世をつなぐもの、として神社では使われているそうです。

(ちなみに、下紐を解く、とは男女の性交を示す言葉だそうですよ!繋がる、トイう直接的な単語ではない隠喩的表現が最高ですね。)

 

結ぶ、解くという動作には、どこか神秘的なパワーが宿るのかも。

アンダーバーを紐だけ朱色にしたのも、そんな神秘性をもたらしたかったから、です。

 

する,,,と解ける感覚 (からだのなかから何かが抜けていくような感覚)

きゅ、と結ぶ感覚(身が締まるような、感覚)

できれば、誰かと楽しんでみてください。

 

 

余談ですが、子供が初めて正式な帯を締める儀式のことを「帯解き」というそうですよ。

子供用の紐から、大人と同じ帯に変わること、

結び、じゃないんだなーと思ったけれど。

 

他にもいろんな言葉、儀式がありそうなので、もっと勉強いたします。

 

それでは!

風邪はひかないようにお気をつけて😊

 

せいな